おらんくの海

7月7日(日)、今日は子供たちが待ちに待った「桜浜海開き」が行われています。雲が厚くなってきていますが、何とか持って欲しいですね。

今日の写真は、竜串海岸の「大地震後の液状化の痕」と言われる地層。竜串港の防波堤を越えたところと、そこから少し周ったところの「欄間岩」。

この2箇所の地層は、大きく掻き混ぜられたようになっていて、周りと大きく違っています。昔から土佐沖で繰り返し起きている「南海地震」の痕。

おらんくの海

熱帯低気圧の接近で、竜串の海も荒れて来ています。昨夜からの大雨で海も泥色。これ以上は荒れないで欲しいですね。

今日の写真は、「化石漣痕」。漣(さざなみ)の痕が化石になったもの。グラスボート乗場近くの竜串海岸には、この化石漣痕が何層にもなって出ています。

おらんくの海

この週末は、雨予報! やっと入梅か ?

竜串海岸を海上から写して見ました。歩いてみるといろいろとすばらしい竜串海岸ですが、海上からは特別なものは感じられませんね!

写真左の白いモノが工事中の足摺海洋館。急ピッチで工事が進んでいます。

竣工まで あと1年!